読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログなんて書きたくなかった

f:id:koreedazemi:20161223193147j:plain
 
『さよなら、ごくろうさん』班の監督の城です。近頃噛み合わせが悪いので、歯の矯正をしたいです。
さて、上映会の広報ブログということで何を書こうか頭をひねっているわけですが、編集に追われてそんな余裕ない!のが本心です。他の班の監督も同じかと思いますが、一体終わるのだろうかこれ、、、と毎秒恐怖しております。そんな気持ちを察してか、広報班がテンプレートを用意してくれたのでそれに答えていこうと思います。
 
【映像制作実習インタビューvol.2】
・名前
城真也
 
・学部、学年
文化構想学部5年
 
・作品名、役職
さよなら、ごくろうさん 監督
 
1.どうしてこの授業に参加したのですか?
→昨年度はいわゆるモグリで参加した。監督に選ばれず悔しい思いをしたので、今年こそは監督になるぞというおもいで参加した。
 
2.授業、または作品作りで楽しかったことやためになったことは何ですか?
→授業の後にみんなでご飯を食べて色々話したこと。
 
3.また大変だったことはありますか?
→コミュニケーション。映画作りはコミュニケーションが全てだ、というバカ丸出しの実感を持った。手伝ってくれるスタッフと、出演してくれる俳優と、脚本の登場人物に、常に耳をすませる作業が映画作り。気付くのが遅かった気がする。
 
4.あなたの作品について教えてください。
→学校に無人警備が導入され、老人の宿直員が退職する物語です。それだけの映画。
 
5.最後に一言あればお願いします!
→面白いものができました。
 
f:id:koreedazemi:20161223193159j:plain
逆上がりの練習
 
二人とも目つきが悪い
 
f:id:koreedazemi:20161223193154j:plain
f:id:koreedazemi:20161223193512j:plain
 
f:id:koreedazemi:20161223193215j:plain